時間と闇金と

さくらんぼ「プレイヤー」
なんか難しい作品みたいなので、どうしようかギリギリまで悩んだけど、藤原竜也・仲村トオルという
組み合わせを見てみたかったし・・・と、寸前にチケットゲットしたんだけど・・・
この世界観、ワタシ、全然ダメでしたバッド(下向き矢印)
劇中劇だったり稽古場の情景だったりがどんどん入り乱れて
現実なんだかイッちゃってる世界なんだか、どんどん分からなくなってくるんだけど
サイコホラーっていうよりも、もう、「なんのこっちゃ」状態でしたたらーっ(汗)
こういう、不条理というか、曖昧な世界観・・・ワタシ、やっぱりダメだなぁたらーっ(汗)
最後は、なんか高橋努が主人公か?ってカンジに見えたし。
久々にまとぶんの舞台姿が見れたのは嬉しかったけど、もうちょっと違う作品で見てみたかったな冷や汗
成海璃子ちゃんは、このあとすぐに、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(試写会)でも姿を見たけど
声が印象的な女優さんだなと思う。
でも、シルビアもそうだけど、この作品に出る意味があったのかどうかは「?」だなぁ。

やっぱり、せっかく時間と闇金とお金を使って観に行くんだから、「観てよかったるんるん」と思える作品を
チョイスしたいなぁと思うけど、でも色々観てみたいとも思うし・・・難しいところですあっかんべー

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ