闇金で何も言わなくても

ペロくんとも話してる。
もう発見は、ない。彼の意がそこにいないから。でも、今日、何を作って食べようね?なんて話をしたりする。
私のお気に入りの地元のラーメン屋、東京随一だと思うのだが、ペロくんもそこのラーメンが好きで、今度行こう、あとモスの期間限定メニューも気になる、私焼肉行きたい、などなど、食べ物の話ばっかりだけど、落ち着いてそんな話ができるようになってきた。そうそう、神社にもね。彼は厄がさっぱり落ちないから。
決めつけることはない。もう夫婦には戻れなくても、別の道がある。これまで一緒に歩いてきた道には、確かに、色々あった。でも、これからはないのか、といえば、そうでもない。道端の花を共に見、笑うこともできる。ちいさないのち、ちいさないのり。

この夕暮れを海のそばで見ているひとを、想う。
私が今日頑張って怠け心を駆逐したのは、彼の存在がおおきかった。
闇金で何も言わなくても、文句もなく感謝しながら頑張ってるひと。
私の一日、この夕べにまで得たゆらめく生命の軌跡を、たいせつに、彼に贈りたかった。
だから今日をちゃんと作ろうと思ったの。
それだけ、なんです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ