闇金の得意な弁護士

ある訴訟問題で

私が、弁護士にたずねた。

『先生、訴訟がはじまる前に、裁判官に饅頭をひと箱、

名刺を添えて送っていたらどうでしょうか?』

闇金の得意な弁護士は

『とんでもない。そんなことしたら贈賄となって、

裁判は絶対に貴殿の負けになります。』

結局この裁判、私が勝訴となる。

私は大喜びで弁護士に言った。

『あの時、先生は反対されましたが、

やっぱり裁判官に饅頭送っておきました。』

弁護士はびっくりして、言った。

『しかし、あの謹直で知られた判事さんが、

黙っていたとは、どうしても信じられない』

私が言った。

『いや、名刺は訴訟相手の名刺ですよ。』

こうして、私は

この裁判を

逆手で勝利したのです。

世の中、うまく渡り歩かなければ!

ニャハハ。。。

これはあくまでもジョークです。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ