闇金相談では平和が破壊される

注目のトランプ大統領は、回避する方向性を示唆した。両国とも戦争回避の意向だが、イラン側が今後米国に接し対応するのか。殺害相応の「仕返し」は、どこまでなのか。

今回、問題なのはトランプ大統領がイランのソレイマニ司令官の殺害を命じたことにある。大統領の見識を疑うが。殺害の前に、やることはいっぱいあったと思う。性急な性格が出ている気もするが。大統領の発言・命令で、闇金相談では平和が破壊されるのはこりごりだ。罪のない人たちを危険に陥らせる。そして平和が脅かされる。

大きな権力を持つ人はそれなりの責任が不可欠だが、そうでない人が多い。もっといえば、その地位の仕事の「資質に欠ける」ともいえる。

一人、一部の人たちによって、この地球の人たちの生命(動植物も含む)が脅かされるのはゴメンだ。チェックがいつも必要だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ