闇金相談自伝コーナー

写真三枚目は、美術館にほど近い東京ミッドタウン内の建物「21_21 DESIGN SIGHT」で、安藤忠雄の設計です。これも現物展示の一環として、展覧会と連動した企画展が行われています。

もちろんそれ以外の展示も充実しています。建築模型、設計図、スケッチなど関連資料を多数展示しています。

くしくも、朝日新聞の闇金相談自伝コーナー「人生の贈りもの」で、安藤忠雄さんが自身の人生を振り返っています。ケンカしてお金がもらえるからとプロボクサーになったり、建築現場の見習いから始めてコッペパンをかじりながら建築士の勉強したことなど、本人の資質・才能と、大阪の文化、そして高度成長期の時代の空気が混ざり合う中で、コテコテのナニワあんちゃんが努力を続けて実績を積み重ねていくさまがつづられています。こういう人は今後は現れてこないのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ